流体力学 の学習に役立つおすすめの入門書、参考書、専門書を紹介します。良い書籍で効率的に理解、学習しましょう。  

流体力学の入門書,専門書,参考書,教科書,テキスト,安売り価格


入門書

専門書
流体力学
流体力学の基礎 (機械工学)

新品価格 ¥ 1,980

中古価格 ¥ 522 (定価の73%引き)

発売元:数理工学社  発売日:2014-12-01
  

内容(「BOOK」データベースより) 
完全流体力学に関する知識を身に付けるとともに、斯学を学ぶ上で必要となる物理的・数学的背景もあわせて身に付けられるよう配慮。
付録でベクトル解析の復習なども取り扱い、大学初年度程度の数学的素養があれば読み進められるよう工夫した。
各章末には演習問題を設け、巻末にその略解を掲載。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より) 
宮内/敏雄 1973年東京工業大学大学院理工学研究科機械工学専攻修士課程修了。
東京工業大学工学部助手。
1981年工学博士(東京工業大学)。
東京工業大学工学部助教授。
1991年スタンフォード大学客員准教授(1992年まで)。
1992年東京工業大学工学部教授。
現在、東京工業大学名誉教授、明治大学特任教授 店橋/護 1992年東京工業大学大学院理工学研究科機械物理工学専攻修士課程修了。
東京工業大学工学部助手。
1996年博士(工学)(東京工業大学)。
2000年東京工業大学大学院理工学研究科機械宇宙システム専攻助教授。
2007年同准教授。
現在、東京工業大学大学院理工学研究科機械宇宙システム専攻教授 小林/宏充 1998年東京工業大学大学院総合理工学研究科創造エネルギー専攻博士後期課程修了、博士(工学)。

流体力学
宇宙流体力学の基礎 (シリーズ宇宙物理学の基礎1)

新品価格 ¥ 3,740

中古価格 ¥ 3,672 残り9個

発売元:日本評論社  発売日:2014-02-20
  

流体力学
圧縮性流体力学―内部流れの理論と解析

新品価格 ¥ 3,960

中古価格 ¥ 3,099 (定価の21%引き) 残り6個

発売元:オーム社  発売日:2013-12-01
  

流体力学
流体の力学―水力学と粘性・完全流体力学の基礎

新品価格 ¥ 3,850

中古価格 ¥ 780

発売元:オーム社  発売日:2013-12-01
  

内容(「BOOK」データベースより) 
重要な定義や概念、法則、原理、定理などを、具体的にかつ懇切丁寧に説明。
固体運動との対比により、流体の流れが理解できるように配慮した。
理解を深めてほしい点は「ノート」として補足し、本書の範囲を越える高度な内容や理論式なども紹介。
各章に例題、演習問題を多数掲載例題は解き方を詳細に解説し、演習問題の解答は巻末に掲載。
--このテキストは、版に関連付けられています。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より) 
松尾/一泰 1940年福岡県に生まれる。
1963年九州大学工学部機械工学科卒業。
1968年九州大学講師。
1969年九州大学助教授。
1971年工学博士。
1980年九州大学教授。
現在、九州大学名誉教授、北九州市立大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

流体力学
流体力学―シンプルにすれば「流れ」がわかる (専門基礎ライブラリー)

新品価格 ¥ 2,343

中古価格 ¥ 909

発売元:実教出版  発売日:2009-03-01
  

独学でも理解出来る流体力学 評価
大学の授業で使っています。
図を多く使い、使用公式とその求め方がわかりやすいレイアウトでまとめられているので、専門書にありがちな抵抗感が無く読み進めることができました。
この教科書の最も良いところは、出版社のホームページに非常に詳細な解答とその解説が載せられていることです。

流体力学
基礎から学ぶ流体力学

新品価格 ¥ 3,080

中古価格 ¥ 1,428

発売元:オーム社  発売日:2007-09-01
  

うむうむ・・ 評価
とても読みやすい参考書です。
絵と文の比はごく普通。
どちらも多すぎず少なすぎずといったところ。
文体的に読みやすいのが特徴です。
計算式もかなりわかりやすく式代入の説明がなされていたり、 図と式の配置が見やすかったりして、かなりサクサク読めます。
例題と章末問題もあり、難易度も調度良い。
解答と解説も載っていて親切設計。
ただし注意。
例題と代入式に所々ミスプリがあります。
「答えちがうじゃん」というのもしばしば・・・。
まあ見ればすぐにわかるミスプリですが・・。
それだけがマイナスポイント。

流体力学
例題でわかる基礎・演習 流体力学

新品価格 ¥ 3,300

中古価格 ¥ 1,084

発売元:共立出版  発売日:2005-09-01
  

流体力学
流体力学 (基礎演習シリーズ)

新品価格 ¥ 3,080

中古価格 ¥ 291

発売元:裳華房  発売日:1995-09-01
  

入門書としてはかなりの良書 評価
この本は流体力学への入門書である。
他の入門書としては今井先生による「流体力学」(岩波書店)などがある。
しかし、それはあまりにも読みにくい。
なぜなら、今井先生の本は数式の導出が不親切な上、 あちこちに「ダイジャスト」的な、「単なる紹介」的な議論があふれている。
これらは知識をつけるためにはなるが、私が読んでみた限り、ただただ意味が分からず、 戸惑うばかりであった。
なによりも、相当問題なのは、 「エネルギー方程式を一切扱っていない」 という点。
これは後々研究するようになってわかってきたが、かなり不便なのです。
一方、神部先生のこの本は、エネルギー方程式も扱っているし、数式の導出がかなり丁寧。

流体力学
流体力学の基礎〈1〉 (機械系大学講義シリーズ)

新品価格 ¥ 2,420

中古価格 ¥ 1,144

発売元:コロナ社  発売日:1993-03-01
  

流体力学
流体力学―基礎と演習

新品価格 ¥ 2,750

中古価格 ¥ 472

発売元:東京電機大学出版局  発売日:1983-01-01
  

理学向け 評価
流体力学の演習書には工学部向けの数値計算を主としたものと、理学部向けの理論、証明などに重きを置いたものが存在する。
本書は後者向けであり、無理なく理解を深めていくことが出来るような構成になっている。
目次を見れば分かると思うが、この本では粘性流体は扱わない。
そのぶん完全流体についてはこの本を一周した頃にはかなり深い理解が得られているだろう。
具体的な構成を述べると、章の始めは教科書的な役割を担っており、公式の導出などエッセンスにあたる部分が豊富な図とともに示されている。
第一章では例題が五題、章末問題が十題。
全て証明問題であるが、丁寧な式展開とともにポイントが見事に抑えられている。




流体力学
流体力学(第2版)

新品価格 ¥ 2,860

中古価格 ¥ 1,806

発売元:森北出版  発売日:2014-09-25
  

流体力学
高校数学でわかる流体力学 (ブルーバックス)

新品価格 ¥ 1,100

中古価格 ¥ 650

発売元:講談社  発売日:2014-06-20
  

ジャンボは何故飛ぶのか?やっと理解できたぞ! 評価
ベルヌーイの定理は、ご存じでしょうか?野球のボールが落ちたり、まがったりするのもベルヌーイの定理があるからだと聞いていましたが、この本を読むまでは全然理解できませんでした。
高校数学のレベルでこれだけ難解な理論が明快に説かれている本はないと思います。

流体力学の基礎的な理解 評価
流体力学の基礎的な理解から、ベルヌーイの定理の理解をすることを目指した本です。

良書、推薦します 評価
物理の基本的な事柄と、専門性と、数学の使いこなしが、タイトル通りだと思いました。
前著、「高校数学でわかるボルツマンの原理」も良いと思いました。
それを上回る簡潔さで、好感が持てます。
紙面の都合かもしれませんが、空気・気体について詳述されています。
「液体について」もう少し踏み込んでほしかった。
ということで★4つ。

息子が、がんばって読んでいます。 評価
今年中学に入った息子が背伸びして読んでいます。
全くわからないところがとても多く学校の先生に聞きにいっているようです。

流体力学
図解による わかりやすい流体力学

新品価格 ¥ 2,420

中古価格 ¥ 1,480

発売元:森北出版  発売日:2010-03-26
  

流体力学
マンガでわかる流体力学 (「マンガでわかる」シリーズ)

新品価格 ¥ 2,420

中古価格 ¥ 1,919

発売元:オーム社  発売日:2009-11-01
  

物理初心者でも入門できる 評価
私は簡単な高校参考書である『橋元の物理をはじめからていねいに』をうろ覚えしている程度の初歩的な知識しかありませんが、この本は楽しんで理解することができました。
物理は積み上げ式で勉強するのが基本の学問なのかもしれませんが、たまには気まぐれに背伸びしてみるのも一興だし、本書ならそれが可能です。
ホントに初心者である私には多少わかりにくく感じるところもありましたが、そういう場合は難しく感じる部分は横に置いといて(読書のコツ!)、読み進めたのちに考え直したりしました。
それで逆に理解が深まったりします。
単位がいろいろ出てきます。

専門書への橋渡し 評価
ある程度数式が出てきているので、「どの数式が、お話的にはどういう意味をもっていて、 全体の話の流れの中では、どのような位置づけである」といった事柄が分かり 、大学における流体力学の全体像を鳥瞰的に把握する上で役立ちます。

流体力学
流体力学 (JSMEテキストシリーズ)

新品価格 ¥ 2,075

中古価格 ¥ 1,607

発売元:日本機械学会  発売日:2005-04-01
  

図表が多く、判り易い!入門書に最適!! 評価
他の人のレビューを薦めます^^ 高校生〜大学生にお勧めの一冊です。
基礎的な事柄ならば、この一冊で事足りますし、 文章にも違和感が無く、大変判り易い一冊です! 私は流体を専門にしていないため、丸々一冊読んだのは 計3冊程度ですが、この本が一番良かったです♪ 詳しいことは、別のレビューの方が大変親切に書かれていますので そちらをご覧くださいw

入門書として最適(クセ無し、過不足なし) 評価
JSME(日本機械学会)から、工学部機械系の学部教育用の標準テキスト として発行されています。
複数(多く)の先生方が参加されているので 特定の専門分野(研究分野)に偏ることがなく、まさに「標準テキスト」 です。
 一人(少数の)の著者が教科書を作ると、(たとえ学部教育用を目的に しても)どうしても、著者の専門分野での事例・例題に偏りがちなので す。
小生は流体関連の専門書を読む機会が多いですが、流体力学の 場合は、特に、偏る傾向が強いと感じます。
 著者の専門が、航空力学か流体機械かで偏りが生じるうえ、下位キー ワードでも偏りがあります。

流体力学
解説流体の力学計算法



中古価格 ¥ 250 残り2個

発売元:東京電機大学出版局  発売日:1995-10-01
  

流体力学
流体力学 (新物理学シリーズ)



中古価格 ¥ 12,846 残り4個

発売元:培風館  発売日:1995-09-01
  

質・量ともに最高峰の流体力学 評価
数ある流体力学に関する邦書のなかで,質・量ともに最高峰に位置する良著である。
物理学的な題材が多いため,工学系諸氏にとっては,目的とするベクトルの方向が若干異なる。
大学院生の教科書として使用しても,流体力学専攻者以外は消化不良を起こしかねないレベルだが,随所に鋭い視点の明解なアプローチがあり,どんな入門書よりも本書の記述が最も分かりやすいと感じられる部分も多い。

簡潔さゆえに難易度も高い. 評価
高度な内容をとても簡潔にまとめられている.一通り流体力学を勉強した今となっては,その簡潔さゆえに最も愛用の流体力学の本である.そのときにもまた新たな発見があるので,噛めば噛むほど味が出る本かもしれない.読者に対して,親切な記述とはいえない.大学初年度の知識で十分理解できるとあるが,偏微分方程式の知識を随所に必要とし難しい.初学者にお勧めの一冊とは言いがたい.初学者には「流体力学」 日野 幹雄 (著)を(邦書では)お勧めする.図が豊富で判り易い.

発売元のレビュー
目次/Ⅰ.流体の運動の一般論 1.流体と流体力学 2.流体の運動と力 3.流体の諸特性 4.流体力学の基礎方程式 Ⅱ.完全流体の運動 5.完全流体の運動の一般論 6.水の波 7.ポテンシャル流 8.2次元ポテンシャル流 9.渦運動 Ⅲ.圧縮性流体の運動10.音波と衝撃波 11.高速気流 Ⅳ.粘性流体の運動 12.粘性流の一般論 13.代表的な粘性流 14.遅い粘性流 15.境界層 Ⅴ.乱流 16.流れの安定性 17.乱流

流体力学
流体力学 (物理テキストシリーズ 9)

新品価格 ¥ 2,310

中古価格 ¥ 1,300

発売元:岩波書店  発売日:1993-09-08
  

必要にして十分な内容に丁寧な解説 評価
大学学部レベルの教科書ですが、流体力学を学ぶ上で必要なことをすべて網羅しています。
また、解説も分りやすく丁寧です。
物理に限らず、工学その他の応用分野で最低限知っておくべきことがすべて載っています。
流体力学を必要とする技術者、研究者が基礎知識を得るにはこれ以上の本はないと思います。
長年大学の教壇に立ってきた著者だけあって、学生が誤解しやすい部分に細心の配慮を払っています。
例えば渦度や渦糸という用語に「うずど」、「うずいと」と読み方を記してある点などです。
さすがに長い年月を経てきた本だけあって、添え字の間違い等は発見できませんでした。

これは良い本ですよ 評価
流体力学の基礎が非常にコンパクトにまとまっています。
さすが今井コウといった感じであります。
手になじむ小振りさながら、250ページの容量、かつ内容が濃い。
しかも安い。
流体力学を勉強するなら一冊もっていて損はしないでしょう。

流体力学
流体力学

新品価格 ¥ 8,690

中古価格 ¥ 5,500

発売元:朝倉書店  発売日:1992-12-01
  

初心者にもおすすめ 評価
厚い本ですが、それだけ丁寧に基本から記述されています。
特徴の一つに、数式が他の流体力学の本よりも少ないことが挙げられます。
物理を勉強するにあたっては数式を見て直観的に理解する力も必要ですが、それが未熟な私でもよく理解できます。
また、「流体力学の巨人たち」にまつわるエピソードもちりばめられていて、彼らの偉大さに改めて感心しました。
「初心者にもおすすめ」としましたが、専門で研究するようになっても、基本に立ち返るためにはこのような総合的な本は必携だそうです。

発売元のレビュー
魅力的な図や写真も多用し流体力学の物理的意味を十分会得できるよう懇切ていねいに解説し,流体力学の基本図書として高い評価を獲得(土木学会出版賞受賞)している。
〔内容〕I.完全流体の力学/II.粘性流体の力学/III.乱流および乱流拡散



DVD

PART_SPRAY_LINK

ホーム:借地で賃貸併用の大家さん Version:PART_PAGE_VERSION
このエントリーをはてなブックマークに追加