燃料電池、2次電池 技術の理解と習得に役立つおすすめの技術書を紹介します。書籍を読んで効率的に技術を習得しましょう。技術書を点数で評価し、レビューもあります。参考書、解説書、関連書籍を紹介します。  

燃料電池、2次電池の本、入門書、技術書、専門書の紹介,評価,安売り価格



燃料電池、2次電池
電気評論2019年11月号特集「二次電池の現状と開発の動向」

新品価格 ¥ 1,021



発売元:電気評論社  発売日:2019-11-10
  

燃料電池、2次電池
リチウムイオン二次電池の性能評価-長く安全に使うための基礎知識-

新品価格 ¥ 2,860

中古価格 ¥ 2,611 残り6個

発売元:日刊工業新聞社  発売日:2019-07-31
  

燃料電池、2次電池
進化する燃料電池・二次電池 ―反応・構造・製造技術の基礎と未来社会を支える電池技術― (最近の化学工学67)

新品価格 ¥ 4,290

中古価格 ¥ 2,135 (定価の50%引き) 残り5個

発売元:三恵社  発売日:2019-02-27
  

燃料電池、2次電池
SUPERサイエンス 世界を変える電池の科学

新品価格 ¥ 2,002

中古価格 ¥ 1,436

発売元:シーアンドアール研究所  発売日:2018-12-19
  

燃料電池、2次電池
次世代型二次電池材料の開発 《普及版》 (エレクトロニクスシリーズ)

新品価格 ¥ 3,520

中古価格 ¥ 2,880

発売元:シーエムシー  発売日:2016-05-09
  

燃料電池、2次電池
二次電池の本 (スッキリ!がってん!)

新品価格 ¥ 1,320

中古価格 ¥ 484

発売元:電気書院  発売日:2015-12-03
  

燃料電池、2次電池
図解でナットク!二次電池―基礎と応用技術の最前線

新品価格 ¥ 2,420

中古価格 ¥ 900

発売元:日刊工業新聞社  発売日:2011-03-01
  

内容(「BOOK」データベースより) 
ケイタイ、電気自動車、スマートグリッド、そして「はやぶさ」…応用が拡大する二次電池のすべて。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より) 
小林/哲彦 独立行政法人産業技術総合研究所ユビキタスエネルギー研究部門部門長 宮崎/義憲 独立行政法人産業技術総合研究所ユビキタスエネルギー研究部門副部門長 太田/璋 技術研究組合リチウムイオン電池材料評価研究センター専務理事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

燃料電池、2次電池
トコトンやさしい2次電池の本 (B&Tブックス―今日からモノ知りシリーズ)

新品価格 ¥ 1,540

中古価格 ¥ 760

発売元:日刊工業新聞社  発売日:2010-02-01
  

2次電池の入門書としては最適! 評価
近年の携帯機器やPCの発達によって、より軽量で、長時間使用でき、さらに充電可能な2次電池への要求がますます高まっています。
本書では、まず電池の歴史から始まって、化学的な原理の説明、現在用いられている2次電池の種類と特徴、研究や開発の動向、そして応用、と非常にうまくまとまっています。

燃料電池、2次電池
リチウム二次電池



中古価格 ¥ 3,000

発売元:オーム社  発売日:2008-03
  

材料系の方向け 評価
リチウムイオン二次電池関係の知識が必要になったので購入しました。
正極・負極・電解質など基本的なことが抑えられていると思います。
今でもたまに読んでます。

発売元のレビュー
★代金引換利用可能 ★経年による劣化と表紙カバーの内側に折り目がありがますが、本自体は比較的きれいな状態です。
★丁寧に梱包し、お届けいたします。
□■AMAZON配送センターより迅速丁寧に24時間365日商品配送!!■□ ★お急ぎ便、コンビニ、ATM、ネットバンキング、電子マネー払い等がご利用いただけます。
★返品、お問い合わせはAmazonカスタマーサービスが対応しますので、ご安心ください。

燃料電池、2次電池
リチウムイオン二次電池―材料と応用

新品価格 ¥ 11,800

中古価格 ¥ 2,500 残り8個

発売元:日刊工業新聞社  発売日:2000-01-01
  

リチウムイオン二次電池のバイブル 評価
電池に人生をかけて半世紀という小沢昭弥博士が世に送り出したリチウムイオン二次電池のバイブル。
第二版では最新の研究結果をもとに内容も刷新してリニューアルしました。
これを読まずしてリチウムイオン二次電池を語ったらそれはモグリというものです。

Liイオン二次電池の全てを網羅したと言える良書 評価
Liイオン二次電池について、その化学的性質から開発の歴史、製造プロセス、応用分野まで幅広く述べた参考書。
まず、Liの化学的性質に基づき、小型で高密度のエネルギーを持つ二次電池が生成できる理由が丹念に説明される。
そして、Liそのものでは負極が劣化する理由、電解液の選択が難しくなる点等が、開発の経緯と共に詳細に説明される。
更に、Liイオンを用いても、まだ残る過充電の危険性とその対策手段である保護回路ICの必要性を述べた部分は、昨今のノートパソコン等の発火事件を鑑みても興味あるテーマ。
二次電池に適した電極や電解液に関しては非常に詳しい記述があるので、この方面の専門家にも役立つと思う。



PART_SPRAY_LINK

ホーム:借地で賃貸併用の大家さん Version:PART_PAGE_VERSION