電磁気学技術の理解と習得に役立つおすすめの技術書(和書/洋書/原書)を紹介します。書籍を読んで効率的に技術を習得しましょう。翻訳版を待てない方には洋書、原書があります。いち早く読んで、誰よりも先に開発しませんか。書籍を読んで効率的に技術を習得しましょう。技術書を点数で評価し、レビューもあります。参考書、解説書、関連書籍を紹介します。そのほか、新刊、新書、中古本、古書があります。また、書籍案内、紹介、読書感想、レビュー、評価,批評,比較、良書、おすすめ、推薦本、推薦図書もあります。  

電磁気学の本,書籍,入門書,技術書(和書/洋書/原書)の紹介,評価,安売り価格


入門書


詳細、理論

電磁気学
グリフィス 電磁気学 I

新品価格 ¥ 4,180

中古価格 ¥ 2,960 残り4個

発売元:丸善出版  発売日:2019-12-11
  

電磁気学
電磁気学とベクトル解析 (数学と物理の交差点)

新品価格 ¥ 3,960

中古価格 ¥ 3,500 残り8個

発売元:共立出版  発売日:2019-11-09
  

電磁気学
スバラシク実力がつくと評判の電磁気学キャンパス・ゼミ―大学の物理がこんなに分かる!単位なんて楽に取れる!

新品価格 ¥ 2,761

中古価格 ¥ 2,475 (定価の10%引き) 残り7個

発売元:マセマ  発売日:2019-01-01
  

電磁気学
電磁気学I――電場と磁場 (物理入門コース 新装版)

新品価格 ¥ 2,640

中古価格 ¥ 2,244

発売元:岩波書店  発売日:2017-12-06
  

電磁気学
電磁気学Ⅱ――変動する電磁場 (物理入門コース 新装版)

新品価格 ¥ 1,980

中古価格 ¥ 2,695

発売元:岩波書店  発売日:2017-12-06
  

電磁気学
史上最強図解 これならわかる! 電磁気学

新品価格 ¥ 2,200

中古価格 ¥ 1,729

発売元:ナツメ社  発売日:2014-08-11
  

内容紹介 
■電磁気学を理解するために はじめて電磁気学を学ぶ大学生のために、マクスウェル方程式を基 礎理論とする電磁気学の体系を、図解とともに丁寧に解説しました。
公式を暗記するのではなく、すべての電磁気現象がマクスウェル方 程式で説明できること、古典電磁気学と特殊相対性理論とが結びつ いていることといった物理学の面白さを体感できるよう、できるだ けやさしく、順を追って説明しています。
■数学でつまずいた人にも最適な一冊 苦手意識を持つ人が多い数学概念については、スカラ場とベクトル場、 場の微分・積分、座標系といった基礎からしっかりフォロー。

内容(「BOOK」データベースより) 
はじめて学ぶ人に最適!基礎の基礎からしっかり学べる入門書の決定版!豊富なイラスト・図解でイメージをつかんで理解できる!

電磁気学
大学入試 漆原晃の 物理基礎・物理[電磁気編]が面白いほどわかる本

新品価格 ¥ 1,430

中古価格 ¥ 581

発売元:KADOKAWA/中経出版  発売日:2014-01-21
  

著者について 
漆原 晃(うるしばら あきら) 代々木ゼミナール物理科講師。
東京大学大学院理学系研究科修了。
根本概念をわかりやすく説明し、明快な解法によって難問も基本問題と同じように解けてしまうことを実践する講義は、受講生の成績急上昇をもたらすと大人気。
著書に、本書の姉妹版である『大学入試 漆原晃の 物理基礎・物理[力学・熱力学編]が面白いほどわかる本』『大学入試 漆原晃の 物理基礎・物理[波動・原子編]が面白いほどわかる本』、ハイレベル受験生用の参考書『難関大突破 究める物理1・2』(以上、KADOKAWA 中経出版)、『大学受験Doシリーズ 漆原の物理 明快解法講座 三訂版』(旺文社)、『センター攻略 漆原晃の物理1』(あすとろ出版)、共著書として『9割とれる 最強のセンター試験勉強法』(KADOKAWA 中経出版)などがある。

電磁気学
よくわかる電磁気学

新品価格 ¥ 3,080

中古価格 ¥ 1,073

発売元:東京図書  発売日:2010-04-09
  

電磁気学入門の(しばらくは)決定版 評価
東京図書はクーラン・ヒルベルトの数理物理学は復刊しないが、基本的な入門書を発行するという方針にしたらしい。
本書は最近の電磁気学で出版された本の中でも出色の出来栄えである。
入門書の定番通りクーロンの法則から話が始まるのであるが、説明は図を多用し、計算も可能な限りはぶかないという方針である。
電気力線など今はMathematicaがあれば書くのはどうという事もないが、この本はこれらの図を眺めているだけでも楽しめるし理解ができる。
使われている図はいずれも良く工夫されている。
授業で使った際のfeed backが効いているのだろう。
長沼の本がでるまで鬼門であったrotもにたような説明だがちゃんと解りやすくのっている。

電磁気学
理論電磁気学

新品価格 ¥ 4,620

中古価格 ¥ 2,790

発売元:紀伊國屋書店  発売日:1999-09-01
  

特殊相対論の教科書としても良い 評価
 本書は、Maxwell方程式の導出から始まる、電磁気学の入門書(演繹型の教科書)である。
計算が非常に丁寧なので、ベクトル解析が使えれば、あまり苦労はしないと思う。
私はこの本で電磁気学に入門したが、難しいとは思わなかった(後に読んだ 太田 浩一『電磁気学〈1〉 (丸善物理学基礎コース)』,『電磁気学〈2〉 (丸善物理学基礎コース)』の方がずっと難しかった。
なお、この2冊の改訂版が『電磁気学の基礎 I』,『電磁気学の基礎 II』)。
第9〜12章(pp.251-436)は、輻射,特殊相対論,電磁場の変分原理 を扱う。
第10〜12章(pp.314-436)は、相対論の教科書としても良い!(虚時間形式だが)。




洋書

PART_SPRAY_LINK

ホーム:借地で賃貸併用の大家さん Version:PART_PAGE_VERSION
このエントリーをはてなブックマークに追加